心からのもてなしは
手から手へと伝わる
温もりのようなもの
私は、そう思います。
"逆もまた真なり"
私の大好きな言葉です。
とても奥の深い・・・
お気に入りのフレーズ。
私は、正統派の
フランス料理に
拘りたくないと
心から思います。
       
  最高の贅沢とは・・・
美味しい料理を楽しく
居心地良い店で自分の
大切な人と頂くこと。
素材や料理に愛情と
誠意を伝える為には
魂込めて真剣勝負を
真正面から挑む事。
     
  素晴らしい店の条件は
たくさんあると思う。
私にとって最高の店は
きっと他人には秘密に
しておきたいと思う。
ハーブの香に思いを
よせて、素材の持つ
力を頂く。美味しい
の一言を頂く為に。
       
  時代の流れを追う事が
大切な事でしょうか?
頑固に何かに拘るのも
とても大切だと思う。
"aigre-doux"・・・・
フランス料理の味で
"甘酸っぱい味"を
こう表現しています。
本当の優しい思いは
なかなか伝わらない。
でも、直向な思いは
いつか必ず届くもの。